【2月の誕生石】アメジストの特徴は?種類・宝石言葉・意味・魅力をを徹底解説!和名と歴史も

2021年11月16日

2月の誕生石アメジスト・原石とアメジストの小粒の画像

紫色の輝きが美しいアメジスト

贈り物やアクセサリーとして人気の宝石ですが、宝石言葉やアメジストの歴史を知ると、より特別なものとして愛着が湧きます

この記事ではアメジストの魅力と特徴について紹介していきます。

この記事でわかること
  • 2月の誕生石はアメジストとクリソベリルキャッツアイ
  • 鉱物としてアメジストの特徴
  • アメジストの種類
  • アメジストの歴史
  • 意味・宝石言葉



アメジストの基本情報・特徴

2月の誕生石アメジストの指輪

まずはアメジストの基本情報から紹介します。

宝石名アメジスト(アメシスト)
英名amethyst
和名紫水晶
宝石言葉高貴
誠実
心の平和
愛情
誕生石の月2月
鉱物名石英
組成SiO2
屈折率1.544-1.553
硬度

「アメジスト」とも「アメシスト」とも呼ばれますが、この記事では「アメジスト」の呼び方で紹介していきます。

紫色の宝石といえば、アメジストを思い浮かべる方も多いと思います。

アメジストは2月の誕生石として知られ、結婚17周年の記念石でもあります。

ギリシャ神話にはアメジストが登場し、古来から愛されてきた歴史ある宝石です。

アメジストは紫色の色合いによっても名称が付けられていて、グリーンアメジストや一部が黄色になったアメトリン、カラーチェンジアメジストといった種類もあります。

それでは、アメジストの特徴について、詳しく解説していきましょう。



専門店では厳選された高品質な石と美しいデザインのジュエリーが見つかります。アメジストや誕生石ならジュエリー専門店でワンランク上の一品をお探しください。ジュエリー専門店【公式】でアメジストを見る

2月の誕生石はアメジスト



アメジスト K18/K10/PT ピンキーリング

紫色の輝きが美しい宝石であるアメジストは2月の誕生石です。

2月生まれの人は、アメジストが誕生石となります。

※2021年12月に誕生石が見直され、新たに10種追加されました。

2月の誕生石にはクリソベリルキャッツアイが追加されました。

 

となっています。

他の月の誕生石については、『最新版【1月から12月の誕生石一覧】特徴・意味・宝石言葉・効果まとめ【追加の宝石も】あなたの誕生石は何?』の記事で詳しく紹介しています。

 

誕生石の起源について

誕生石の起源は諸説ありますが、

  • 旧約聖書の『出エジプト記』:ユダヤ教の高層が胸飾りに12種類の宝石を付けていた
  • 新約聖書の『ヨハネの黙示録』:聖都エルサレムの城壁が12あり、それぞれ異なる宝石で飾られていた

といったことが誕生石の起源になっていると言われ、アメジストは12種類の宝石の一つとされています。

アメジストの名前の由来・和名

アメシジトの名前の起源は、ギリシア語の【amethustos】が由来となっています。

【amethustos】の意味は「酔わせない」。

古代ではアメジストには酔いを防ぐ効果があると信じられたことから、【amethustos】が語源となり、アメジストという名前が付けられました。

アメジストの和名は「紫水晶」。

紫色の水晶であることから「紫水晶」と呼ばれます。

 

アメジストは射手座の守護石・星座石

射手座のイメージ画像

アメジストは12星座の中でも射手座の守護石となっています。

星座の守護石は「星座石」と呼ばれます。

結婚17周年は紫玉婚式と呼ばれ、アメジストを贈ります

結婚25周年は銀婚式、結婚50年は金婚式と呼びますが、17回目の結婚記念日は「紫玉婚式(しぎょくこんしき)」と呼ばれます。

紫玉婚式の「紫玉」は紫色の宝石であるアメジストのことを指しています。

紫玉婚式には、贈り物としてアメジストを贈る習慣があります。



アメジストの主な産地



アメジスト(ウルグアイ鉱山産)×ダイヤモンドK18/PTペンダントトップ

アメジストの産地は、

  • ブラジル
  • スリランカ
  • マダガスカル
  • 中央アフリカ
  • ウルグアイ
  • ザンビア

などが有名です。

アメジストの世界最大の産地はブラジルです。

日本でもアメジストは産出され、宮城県白石市や鳥取県が産地となっています。

鉱物としてのアメジストの特徴

鉱物としてのアメジストは、ケイ酸塩化鉱物に分類され、二酸化ケイ素が主成分です。

鉱物としては「石英」であり、石英の中でも無色透明なものが「水晶」と呼ばれ、紫色の水晶が「アメジスト」と呼ばれます。

ガラスのような光沢があり、紫色といっても淡い紫から濃い紫まで幅広い色合いがあります。

アメジストの色について

アメジストの原石

アメジストの紫色は、紫外線に長時間当てると色があせていきます

アメジストを加熱すると色は黄色に変化して、宝石としては「シトリン」となります。

シトリンは11月の誕生石となっており、和名は黄水晶です。

また、アメジストにガンマ線と熱を当てると色は緑色に変化し、グリーンアメジスト(プラジオライト)と呼ばれます。

アメジストの種類・呼び名:ディープシベリアン、ローズ・ドフランス、アメトリン、プラシオライト

アメジストには色合いにより呼び名があります。

  • 深い紫色のアメジストは、ディープシベリアン【Deep Siberian】
  • 淡い紫色のアメジストは、ローズ・ド・フランス【Rose de France】

と呼ばれます。

アメジストは紫色の水晶ですが、一部が黄色(シトリン化している)になっているアメジストは、

アメトリン

と呼ばれます。

 

アメジストにガンマ線と熱を当てて緑色になったアメジストは、

グリーンアメジスト(プラジオライト)

となりますが、天然のプラジオライトもあります。

天然のプラジオライトの産出地は限られており、アメリカ合衆国・ブラジル・ポーランド・カナダのごく一部となっています。

 

見る角度によって色が変わるアメジストは、

カラーチェンジアメジスト

 

と呼ばれます。

アメジストの歴史

アメジストの歴史の文字

アメジストは旧約聖書の『出エジプト記』やギリシャ神話に登場するなど、歴史が古く、古来から人々に親しまれてきました

高貴な紫色の宝石として崇められていたアメジスト

『出エジプト記』では高僧の胸当てに飾られる12の宝石の一つとして登場しています。

アメジストは地位の高い人が身につける宝石とされ、高貴な宝石とされてきました。

ギリシャ神話のアメジスト

ギリシャ神話では、月神アルテミスに仕えるアメシストという名の女性が登場します。

酒神バッカスの連れている虎に襲われた際に神に祈ったアメシストは純白の石に姿を変え、哀れに思った酒神バッカスがその石にぶどう酒を注ぐと、純白の石は紫色の水晶に変わったと言われています。

前述の通り、アメジストの名前の起源はギリシア語の【amethustos】(酔わせないの意味)が由来ともなっています。

古代ローマ帝国でも愛されてきたアメジスト

古代ローマの博物学者・政治家であったプリニウスが残した『博物誌』の中では、インド産の紫水晶が最高のモノであるという記述があります。

ローマ帝国のカラカラ帝(在位西暦209年~西暦217年)が彫刻されてたアメジストもあり、古代からアメジストは彫刻の素材として使われてきました。

このように、アメジストは歴史のある宝石であり、現代でも人々に親しまれています。



アメシストに込められた意味・宝石言葉・効果



アメジスト×ブルートルマリン K18リング

誕生石には宝石言葉があり、意味が込められています。

アメジストに込められた意味・宝石言葉には、

    • 高貴
    • 誠実
    • 心の平和
    • 愛情

があります。

アメジストは高僧の胸飾りに使われるなど、地位の高い(高貴な)人が身につける宝石でした。

アメジストの語源は「酔わせない」であり、心の平和・平静さをもたらすとも言われます。

荒れた心を鎮めて冷静さを取り戻してくれると言われます。

また、精神の安定の効果があるとも言われます。

アメジストは「魔除け」としてを身に着けられてた歴史があります。

 

 

プレゼントやご自分へのご褒美に、ジュエリー専門店 自由が丘、銀座のジュエリーブランド【Bizoux(ビズー)】でずっと愛用できる上質な一品をお探しください。
ジュエリー専門店【公式】でアメジストを見る

 

誕生石・パワーストーン専門のネット通販もオススメ

アメジストのさざれ石

誕生石やパワーストーンをお探しなら、誕生石・パワーストーン専門のネット通販サイトもオススメです。

数多くのアクセサリーの中から、お気に入りの一品を見つけてください。

ギフトジュエリー【L&Co.エルアンドコー】


パワーストーンや誕生石のブレスレット専門通販サイト Pascle(パスクル)


日本最大級・40種以上の宝石が揃うジュエリーブランド【Bizoux(ビズー)】


ハワイ発お守りジュエリー【MALULANI HAWAII】



 

まとめ

以上、アメジストについて、

  • 2月の誕生石
  • 鉱物としてアメジストの特徴
  • アメジストの種類
  • アメジストの歴史
  • 意味・宝石言葉

について解説しました。

誕生石を選ぶ際の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。