新7月誕生石【スフェーンの特徴は?】意味・宝石言葉・効果を徹底解説!【強く美しい緑色の輝き】

2022年5月20日

スフェーンのリングと緑の背景・スフェーンの文字・7月の誕生石・魅力・価値・価格・値段・意味・宝石言葉・効果・由来・和名の文字

新たに7月の誕生石に選ばれ、スフェーンは注目が高まっている宝石です。

「スフェーンはどんな宝石?」

「スフェーンの特徴は?」

といった疑問を解決し、スフェーンの魅力をお伝えします。

この記事でわかること
  • スフェーンの特徴
  • スフェーンの持つ強いファイヤと屈折率
  • スフェーンに込められた意味・宝石言葉
  • スフェーンの価値・値段・価格

 

スフェーンはダイヤモンドを凌ぐほどのファイヤ効果と屈折率を持った宝石です。

ぜひ参考にしてくださいね。



スフェーンの魅力・基本情報・特徴【強く美しい緑色の輝き】



スフェーンのペンダントトップ ¥69,300 (税込)


パキスタン産スフェーン

スフェーンは強く美しい輝きを持つ宝石

緑色や黄色のスフェーンがあり、グリーン系とイエロー(ゴールデン)系に分けられます。

スフェーンの魅力といえば、「強い輝き」「ファイヤ」です。

光の分散により虹色に輝く「ファイア」が強く、ダイヤモンド並に屈折率が高い宝石です。

宝石名スフェーン
英名spehne
和名くさび石
緑色・黄色
宝石言葉成功
幸運
才能の開花
誕生石の月7月
鉱物名チタナイト・チタン石
組成CaTiSiO5
硬度5 ~ 5.5

 

ダイヤモンド並の屈折率により、スフェーンは強い輝きを放ちます

また、スフェーンのファイヤ効果はダイヤモンドより強いとされ、宝石の中に虹色の光がゆらめきます

スフェーンは希少価値も高い宝石です。

スフェーンは硬度が低くて割れやすいので、大きな結晶が見つかることはあまりありません。

それゆえ、希少性の高い宝石であり、価値も高くなっています。

誕生石の改訂により「新たに7月の誕生石」に追加された宝石として、スフェーンの注目度は高まっています

スフェーンの名前の由来と和名

グリーンスフェーン

グリーンスフェーン ルース 2.30CT

イエロースフェーン

イエロー系スフェーン ルース 3.16 ct

スフェーン【sphene】はギリシャ語で楔(くさび)を表す「スフェノス」が語源となっています。

これは、スフェーンの結晶がくさびの形をしていることが由来となっています。

スフェーンの和名も、結晶の形から「くさび石」と呼ばれます。

鉱物名はチタナイト。宝石名はスフェーン。

スフェーンは宝石名で、鉱物学的には「チタン石」または「チタナイト」と呼ばれます。

成分にチタンを含む石であり、そのことが「チタン石」や「チタナイト」と呼ばれる由来となっています。

 

宝石業界では「スフェーン」の名で呼ばれます。

宝石としてはグリーン系・イエロー(ゴールデン)系がよく見られますが、赤や茶色っぽい色をした結晶もあります。

また、見る角度によって色が変わって見える「多色性」という性質を持っています。

スフェーンの硬度

透明感があるスフェーンは宝石・ジュエリーとして扱われます。

硬度はダイヤやルビーに比べると低めで5~5.5。

傷がつきやすく欠けやすいので、ぶつけたり落としたりしないようにご注意ください。

 

硬度が低いためカット研磨は難しく、職人さんには熟練の技が求められます。

スフェーンの産地

スフェーンの主な産地はブラジル、マダガスカルです。

オーストラリア、スイス、イタリア、ロシア、パキスタン、ミャンマー、中国、カナダ、アメリカ合衆国でも産出されます。

ダイヤモンドを凌ぐほどのファイヤと屈折率を持ち、多色性と複屈折という性質もある宝石

スフェーンの特徴であり魅力でもある「ファイヤ」「屈折率の高さ」、そして「多色性」「複屈折」という珍しい性質をご紹介しましょう。

スフェーンが持つファイア効果

スフェーンはファイアという性質を持つ石です。

ファイアとは、「光の分散により虹色に輝く」効果で、ダイヤモンドもファイアを持つ宝石として知られています。

スフェーンはダイヤモンドをも凌ぐファイヤを持っています。

数ある宝石の中でもファイアが一番美しく見える宝石は、「ゴールド色のスフェーン」ともいわれる程です。

スフェーンの地色は緑(グリーン系)やイエロー(ゴールデン)系ですが、ファイアにより赤く火花が散っているように見えたり、様々な色に輝きます

高い屈折率を持つスフェーン

スフェーンはダイヤモンド並みの屈折率を持ち、光を分散させる力が強い宝石です。

 

スフェーンダイヤモンド
屈折率1.84-2.112.42

 

参考までに有名な他の宝石の屈折率を紹介すると

アクアマリンの屈折率エメラルドの屈折率
1.577-1.5831.56-1.60

 

となっています。

スフェーンの屈折率が高いことがわかりますね。

屈折率が高いほど、反射する光の量は多くなります。

見る角度により色が変わる多色性

スフェーンは多色性という性質も持ち合わせています。

同じ石でも、見る角度によって色が変わって見える性質です。

グリーンのスフェーンでも見る角度を少し変えるとイエローに見えたりと、印象が変わって見えます。

複屈折という珍しい性質

また、スフェーンは複屈折という性質を持っています。

複屈折は、光線が宝石を通過するときに二本に分かれる性質のことです。

複屈折により、スフェーンの石の後背面はかすみがかったように見えます

内部のひび(クラック)もゆらゆら見える錯覚も起こります。

複屈折の性質により、スフェーンの輝きは柔らかさを持ったものになります。

「ファイヤ」と「高い屈折率」と「多色性」と「複屈折」の性質はスフェーンの特徴・であり、他の宝石と違う魅力でもあります。



新たに7月の誕生石に加わった宝石

2021年12月に日本の誕生石が63年ぶりに改訂され、新たに10の宝石が誕生石に加わりました。

スフェーンも新たに7月の誕生石に選ばれました。

✅ スフェーンが新種の鉱物であることを発見したマーク・オーガスト・ピクテの誕生月が7月である

✅ スフェーンの強い輝きが日本の夏の森のような色合いである

といったことが理由となっています。

この⽯は、1787年マーク・オーガスト・ピクテによって新種の鉱物として初めて認識された。彼の誕⽣⽉が7⽉であることと、スフェーンは輝きが強く⽇本の夏の森のような⾊合いを持つことから、7⽉の誕⽣⽯となった。

引用元:【全国宝⽯卸商協同組合 誕⽣⽯改訂 】A4サマリー版

現在の7月の誕生石は、ルビーとスフェーンの2つが指定されています。

 

7月の誕生石
 

ルビー

ピジョンブラッドルビー

 

スフェーン

スフェーン(緑)

ルビーは赤い宝石の代表格とも言える宝石で、古来から愛されている宝石です。

他の月の誕生石については 【最新版】1月から12月の誕生石一覧・特徴・意味・宝石言葉・効果まとめ・あなたの誕生石は何?で詳しく紹介しています

スフェーンの宝石言葉・意味・パワーストーンとしての効果

スフェーンに込められた意味・宝石言葉

純粋・永久不変・成功・幸運・才能の開花

誕生石には、それぞれの宝石に込められた意味・宝石言葉があります。

スフェーンの宝石言葉・込められた意味には、「純粋・永久不変・成功・幸運・才能の開花」があります。

パワーストーンとしても、持ち主の才能を開花させ、幸運と成功を引き寄せるとされています。

パワーストーンとして扱われるスフェーンは透明度が低いものもあり、ファイアが見られることはほとんどありません。

それでも輝きの強いスフェーンは存在感があり、その輝きで持ち主を輝かせてくれる手助けをしてくれるでしょう。

また、スフェーンのアクセサリーは、身につける人をより華やかにしてくれます

成功をつかみ取りたい方や、自分の才能を発揮したい方にぜひ身につけて欲しい宝石です。

スフェーンはこんな方にオススメ



ここまではスフェーンの魅力や特徴を紹介してきました。

美しい照りと輝きの強さで存在感のあるスフェーンは、

✅ 7月生まれ緑色のジュエリーを身につけたい

✅ 強い輝きのジュエリーが欲しい

✅ 才能を開花させたい・伸ばしたい

✅ 成功や幸運を手に入れたい

✅ もっと才能を発揮したい

といった方にオススメしたいジュエリーです。

スフェーンのアクセサリーやルース(裸石)の値段・価格はいくらぐらいなのでしょうか?

「どういったスフェーンに高い価値がつけられるのか」とあわせて紹介していきます。

スフェーンの価値・アクセサリーの値段・価格

スフェーンは、鮮やかなグリーンのものが最も価値があるとされます。

Amazonでスフェーンを見る
石が大きくなると値段・価格も上がります。

ここからはスフェーンをあしらったアクセサリーやルース(裸石)の値段・価格を紹介していきます。

スフェーンのアクセサリー(リング・ネックレス・ピアス・ブレスレット)の値段・価格

スフェーンをあしらったアクセサリーは、リング・ネックレス・ピアス・ブレスレットともに

地金 18金・プラチナ 3万円前後~
地金 シルバー 1万円前後~

の値段・価格から販売されています。

 

アクセサリーに使われている地金の種類・天然石の大きさや質によって値段・価格は大きく異なります。

大粒の石を使っているアクセサリーは、もっと高い値段が付いています。

透明度の高さ・ファイヤの強さ・美しさも大きな評価ポイントとなります。

スフェーンのルースの値段・価格

ルース(裸石) 5千円前後~(石の評価や大きさで値段・価格は大きく異なります)

大きさも2カラットくらいのルースは10万円前後、それ以上のものは数十万円、それ以上の高値がつきます。

楽天でスフェーンを見る

ビーズ素材・さざれいし

ビーズ(素材) 千円前後~

さざれ石 数百円~

Yahoo!ショッピングでスフェーンを見る

おわりに:誕生石の楽しみかた

今回は新しく7月の誕生石となった宝石「スフェーン」の魅力をお伝えしました。

スフェーンは輝きが強く、とても存在感のある宝石です。

スフェーンのアクセサリーは、身につける人をより華やかに見せてくれるでしょう。

7月の誕生石はルビーとスフェーンですが、「どちらを選べばよいか」とお悩みの方もいるかもしれません。

そんな方には「どちらでも良いので気に入ったもの」を選んでもらうようにオススメします

これでなくてはならないという決まりはありません。

宝石の色、意味や宝石言葉、特徴を知ってからジュエリーを探すと楽しいですし、後悔せずに「お気に入りの一品」を探しだすことができます。

「他のパワーストーンとの組み合わせる」ことも楽しいですね。

「今の誕生石を選んで身につける」というの誕生石の楽しみかたの一つです。

 

7月の誕生石やスフェーンが気になっている方にとって、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。