【3月の誕生石】アイオライトとは?菫青石・特徴・バイキングの羅針盤・宝石言葉・意味【ネックレス・ピアス・ブレスレット・指輪・リング】

2022年1月11日

2021年12月、3月の誕生石にアイオライトが追加されました。

アイオライトは「多色性」という性質がある宝石で、「ウォーターサファイア」「バイキングの羅針盤」という別名もあります。

●アイオライトの特徴

●アイオライトの名前の由来・和名

●鉱物としての特徴・ブラッドショットアイオライトについて

●アイオライトの「多色性」という性質について

●アイオライトの主な産地

●アイオライトの歴史・逸話

●アイオライトの宝石言葉・パワーストーンとしての効果

についてご紹介します。

アイオライトの特徴

3月の誕生石であるアイオライトは、青みを帯びたスミレ色の宝石です。

「多色性」という性質を持っており、見る方向・光の方向によって色が変わって見えます

アイオライトは「ウォーターサファイア」、「バイキングの羅針盤」とも呼ばれる宝石です。

アイオライトは3月の誕生石

2021年12月に全国宝石卸商協同組合が63年ぶりに日本の誕生石を見直し、新たに追加されることが発表されました。

3月の誕生石はアクアマリンとサンゴの2種でしたが、ブラッドストーンとアイオライトが追加されました

1月から12月の誕生石一覧は、

1月:ガーネット
2月:アメシスト、クリソベリルキャッツアイ
3月:アクアマリン、珊瑚(さんご)、ブラッドストーン、アイオライト
4月:ダイヤモンド、モルガナイト
5月:エメラルド、翡翠(ひすい)
6月:真珠、ムーンストーン、アレキサンドライト
7月:ルビー、スフェーン
8月:ペリドット、サードオニキス、スピネル
9月:サファイア、クンツァイト
10月:オパール、トルマリン
11月:トパーズ、シトリン
12月:ターコイズ、ラピスラズリ、タンザナイト、ジルコン

となっており、全部で29の宝石が日本の誕生石に指定されています。

他の月の誕生石について、別記事で紹介していますので、あわせてごらんください。

関連記事:『あなたの誕生石は何?【1月から12月の誕生石一覧】意味・宝石言葉・パワーストーンとしての効果』

アイオライトの名前の由来・和名

アイオライト・菫青石の名前の由来となっているスミレの花
アイオライト・菫青石の名前の由来となっているスミレの花

アイオライト【iolite】の名前は、「ion(スミレ色)」と「lithos(石)」を組み合わせたものが由来といわれます。

アイオライトの和名は「菫青石(きんせいせき)」。

「菫」は花のスミレのこと。

和名の菫青石という名前のほうが、「青みを帯びたスミレ色の宝石」であるアイオライトをうまく表現しているかもしれませんね。

鉱物としてのアイオライトの特徴

アイオライトという名前は宝石としての名前であり、鉱物学の世界では「コーディエライト」、または和名の「菫青石」と呼ばれる鉱物です。

この鉱物を研究していたフランスの地質学者ルイ・コルディエの名前が由来となり、コーディエライト【cordierite】と名付けられました。

また、見る角度によって色が変わることから「ダイクロアイト」(2色の石という意味)と呼ばれることもあります。

高温低圧型の広域変成岩や接触変成岩、花崗岩に見られる鉱物です。

ブラッドショット・アイオライト

鉄分(レピドクロサイトなど)の内包物(インクルージョン)があると、一定方向に真っ赤に見えることから「ブラッドショット・アイオライト」と呼ばれます。

ブラッドショット・アイオライトは希少性があり、アイオライトの中でも人気があります。

アイオライトサンストーン

アイオライトの中でも内包物がキラキラ輝くものがあり、「アイオライトサンストーン」と呼ばれます。

内包物がキラキラと輝く現象は「アベンチュレッセンス」と呼ばれる効果で、アベンチュリンクォーツやサンストーンがアベンチュレッセンス効果を持つ宝石としてよく知られています。

その美しさから、人気が上昇中の宝石です。

アイオライトの「多色性」について

アイオライトは「多色性」という性質を持っています。

多色性(たしょくせい、たしきせい)とは、結晶の色が、偏光面と結晶軸、観察方向の位置関係によって異なる色に見える光学現象である

情報源: 多色性 - Wikipedia

アイオライトは見る角度によっては青色・紫色、別の角度からは淡い黄色、無色に見えることもあり、その性質は「多色性」と呼ばれます。

青色に見えているアイオライトが角度を変えると透き通って見えることもあるんです。

神秘的な「多色性」はアイオライトの特徴であり、魅力でもあります。

誕生石の中では、トルマリンやタンザナイトに多色性の性質がよく見られます。

アイオライトの主な産地

アイオライトの主な産地はスリランカ、ミャンマー、インド、マダガスカルなど。

インド産のものが産出量が多く、サイズも大きいといわれます。

川床で採れることも多く、色もサファイアに似ているので「ウォーターサファイア」と呼ばれることもあります。

光の筋が猫の目のように見えるキャッツアイ効果があるもの、光の筋が星条に輝くスター効果があるものもあります。

アイオライトの歴史・逸話

バイキングの船・バイキングの羅針盤のイメージ画像

アイオライトは、かつてバイキングが羅針盤代わりに使ったと言われ、「バイキングの羅針盤」と呼ばれることもあります。

これは、バイキングたちがアイオライトの「多色性」の性質を使って方角を定め、羅針盤代わりに使ったという伝説・逸話があるからです。

科学的に信憑性はあることではありませんが、バイキングたちはアイオライトを持って航海していたようです。

また、曇りの日に太陽の位置を確認するためのフィルターとしてアイオライトを使っていたという説もあります。

装飾品として、お守りとしても用いられたようです。

アイオライトの宝石言葉・パワーストーンとての効果

アイオライトの宝石言葉は、

誠実
穏やかな心
貞操
自己同一性

などがあります。

パワーストーンとしては、「ビジョンの石」とも呼ばれ、正しい方向を示してくれるといわれます。

宝石言葉の「自己同一性」がありますし、「バイキングの羅針盤」と呼ばれるアイオライトは、自信を無くしたときや自分自身を見失いそうになったとき、本来の自分自身を取り戻す助けをしてくれるともいわれます。

心に安定をもたらし、人間関係にもバランスをもたらしてくれます。

アイオライトのアクセサリー

アイオライトの青色・カスミ色はシックで落ち着いた雰囲気を持っています。

カジュアルな服装にも合うので、普段着カジュアルに合わせて日常的に使えます。

普段身につけるお守りとしてもアイオライトのアクセサリーはピッタリです。

アイオライトのピアス

青く輝くアイオライトのピアスは、派手すぎず、エレガントな雰囲気があります。

シックなアイオライトの輝きは、耳元にアクセントを与えてくれます。

アイオライトのネックレス

アイオライトのネックレスは、首元でエレガントに輝きます。

アイオライトのネックレスは、小粒のものでも可憐で美しい輝きでアクセントになります。

お守り感覚で身につけるのも良いですね。

アイオライトのブレスレット

アイオライトのブレスレットは、普段着カジュアルにも合います。

色の濃さやアイオライトの大きさによって印象は変わりますが、他の石と組み合わせたものも素敵です。

アイオライトの指輪・リング

アイオライトの指輪は、指先のアクセントとしてエレガントな印象を与えてくれます。

ゴールドとアイオライトの色の組み合わせも素敵ですが、プラチナ色(シルバー・プラチナ・ホワイトゴールドなど)とアイオライトの組み合わせは特にエレガントさを持ったアクセサリーです。

誕生石・パワーストーン専門のネット通販もオススメ

誕生石やパワーストーンをお探しなら、誕生石・パワーストーン専門のネット通販サイトもオススメです。

数多くのアクセサリーの中から、お気に入りの一品を見つけてください。

 

ギフトジュエリー【L&Co.エルアンドコー】



パワーストーンや誕生石のブレスレット専門通販サイト Pascle(パスクル)



日本最大級・40種以上の宝石が揃うジュエリーブランド【Bizoux(ビズー)】



まとめ

3月の誕生石・アイオライト・Iolite・菫青石の文字イラスト

今回は、3月の誕生石であるアイオライトについて紹介してきました。

アイオライトは多色性という性質があり、神秘的な宝石です。

シックで落ち着いた雰囲気と上品さがあるアイオライトの天然石アクセサリーは、プレゼントにもピッタリです。

大切な人へのプレゼントに、または、ご自身が身につけるアクセサリーとして選ぶ際には、特性や宝石言葉・歴史を知っておくとより特別なものとなります

他の月の誕生石についても紹介していますので、あわせてご覧いただけると嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。