【新9月誕生石】クンツァイトの特徴は?意味・宝石言葉・性質を徹底解説!

クンツァイト・Kunzite・新9月の誕生・無限の愛の象徴の文字・ライラックピンクの背景

新たに9月の誕生石に追加され、注目度が高まるクンツァイト。

クンツァイトはどんな宝石?特徴は?

そんな疑問を解決します。

今回はクンツァイトについて

■クンツァイトの特徴・基本情報

■名前の由来と歴史

■鉱物的特徴と燐光性・多色性

■クンツァイトの産地

■意味・宝石言葉・効果

■9月の誕生石に選ばれた理由

を解説していきます。

 

クンツァイトの特徴・基本情報【無償の愛の象徴】燐光性・多色性

クンツァイト紫がかったピンク色ライラックピンク)の宝石で、優しく愛らしい色が印象的です。

まずはクンツァイトの基本情報から紹介しましょう。

宝石名クンツァイト
英名kunzite
和名リチア輝石
ピンク・紫
宝石言葉無償の愛・無限の愛・純粋さ・可憐
誕生石の月9月
鉱物名スポジュメン
組成LiAlSi2O6
屈折率1.66-1.67
硬度6.5-7

 

クンツァイトは、1902年に発見された比較的新しい宝石です。

クンツアイトの特徴といえば、「ピンクと紫が混ざったような美しい色」と「燐光性」と「多色性」という性質です。

燐光性とは

太陽の紫外線に当てた後に暗い部屋に持っていくと光を放つ性質。

多色性とは

見る角度によって色が違って見える性質

宝石言葉に「無償の愛・無限の愛」がありますが、クンツァイトは愛と思いやりの心を養うと言われ、

無償の愛・無限の愛を象徴する石

といわれます。

 

それでは、クンツァイトの名前の由来と歴史から見ていきましょう。

クンツァイトの名前の由来・歴史

クンツァイト【kunzite】は1902年、アメリカ合衆国カリフォルニア州で発見されました。

クンツァイトの名前は、

ティファニー社の宝石鑑定士・鉱物学者であるクンツ博士の名

を冠したものです。

クンツ博士はカリフォルニアで発見された鉱物を鑑定し、スポジュミン(スポデューメン)という鉱物の一種であることを発見しました。

その功績から、クンツ博士の名にちなんでクンツァイトと名付けられました。

発見地のカリフォルニアにちなみ、

カリフォルニアアイリス

という呼び方もあります。

 

鉱物としてのクンツァイトの特徴・和名

クンツァイトは、スポジュミン(スポデューメン)と呼ばれる鉱物です。

和名はリシア輝石、または、リチア輝石と呼ばれます。

スポジュミンはリチウムやアルミニウムを含む鉱物で、色は透明・白・ピンク・緑・黄色など様々あります

スポジュミンの中でも、ピンク色のものにクンツァイトという宝石名

が付けられています。

スポジュミンでも緑・黄緑色のものはヒデナイト黄色のものはトリフェインという名で呼ばれます。

スポジュミン(リシア輝石)はリチウム電池に使われるリチウムの資源としても注目されますが、美しいものは宝石として扱われます。

クンツァイトのお手入れについて

クンツァイトの魅力であるライラックピンクの色は、紫外線に当てると退色してしまいます。

保管する際は日光が当たらないようにしてください。

お手入れに関しては割れやすい性質の石なので、流水や超音波洗浄は避け、セーム革で優しく皮脂をふき取るようにしてください。

クンツァイトは「燐光性」と「多色性」の性質を持つ宝石


K10WG 2.0ct クンツァイト リング
Amazonでクンツァイトのリングを見る

クンツァイトは「燐光性」「多色性」の性質を持つ石です。

燐光性について

燐光性(りんこうせい)とは、太陽光などの光を当てた後、暗い場所に持っていくと光を放つ性質

のことです。

燐光性を持つ宝石としてはダイヤモンドが有名ですが、クンツァイトもこの性質を持っています。

クンツァイトの色は、ろうそくの光の下・白熱灯の光の下が最も引き出されると言われます。

夜会やイブニングドレスに映えるクンツァイトは「夕べの宝石」とも呼ばれるのです。

多色性について

多色性は、

見る角度によって見える色が違う性質

です。

濃い色のクンツァイトでは多色性の性質がよくわかります。

ピンク色のクンツァイトも、見る角度を変えると透明に見えたりします。

クンツアイトのジュエリーは、少し見る角度が変わったり動いたりすると、色合いが変わって見えます。

3月の誕生石であるアイオライトも多色性の性質を持った宝石ですが、色が変わって見える宝石って神秘的なものを感じてしまいます。

クンツァイトの主な産地

クンツァイトの主な産地は、

ブラジル、アフガニスタン、マダガスカル、ナイジェリア

などがあります。

クンツァイトに込められた意味・宝石言葉・効果

クンツァイトに込められた意味・宝石言葉

無償の愛・無限の愛・純粋さ・可憐

クンツァイトに込められた意味・宝石言葉には、「無償の愛・無限の愛・純粋さ・可憐」があります。

愛や思いやりのエネルギーを持つクンツァイトは、

無償の愛・無限の愛を象徴する石

と呼ばれ、

無償の愛を与える」
「喜びや思いやりの心を養ってくれる」

といわれます。

また、おおらかな気持ちで人と接することができるようにサポートし、

コミュニケーションがうまくいく手助け

をしてくれます。

失恋直後や恋愛に臆病になっている心を癒し、前向きにしてくれる

ともいわれます。

クンツァイトは、愛と思いやりに溢れたエネルギーを持っています。

クンツァイトは新たに9月の誕生石に追加された宝石

1月から12月まで、各月に宝石があてはめられていて「誕生石」と呼ばれます。

誕生石を身につけると

幸せが訪れる・願いが叶う

といった言い伝えがあります。

2021年12月に日本の誕生石が63年ぶりに見直され、新たに10種の宝石が誕生石に追加。

クンツァイトは新たに9月の誕生石となりました。

クンツァイトが9月の誕生石に選ばれた理由

クンツァイトが9月の誕生石に選ばれた理由は、宝石名の由来となったクンツ博士の誕生月が9月であったことです。

この名前の由来であるジョージ・フレデリック・クンツの誕⽣⽉が9⽉であることから、9⽉の誕⽣⽯となった。

引用元:【全国宝⽯卸商協同組合 誕⽣⽯改訂 】A4サマリー版

現在の9月の誕生石は、サファイアとクンツァイトです。

1月から12月の誕生石については、最新版【1月から12月の誕生石一覧】特徴・意味・宝石言葉・効果まとめ【追加の宝石も】あなたの誕生石は何?で詳しく解説しています。

まとめ

今回は新たに9月の誕生石に追加された宝石・クンツァイトについて

■クンツァイトの特徴・基本情報

■名前の由来と歴史

■鉱物的特徴と燐光性・多色性

■クンツァイトの産地

■意味・宝石言葉・効果

■9月の誕生石に選ばれた理由

を解説しました。

9月生まれの方には誕生石としておすすめしたい宝石です。

クンツァイトならではのライラックピンクは惹きつけられる魅力があります。

クンツァイトはリング・ピアス・ネックレスとしても優しく上品に輝き、華やかさを演出してくれます。

誕生石のジュエリーやパワーストーンをお探しの際にこの記事がお役に立てれば嬉しいです。

 

誕生石効果,宝石言葉,意味,歴史,特徴,9月

Posted by 松原ロキ