「ニコニコ笑っているお父さんのほうががいい」と娘に言われて反省

元号が変わることで10連休となったゴールデンウィーク最後の日。

一緒にご飯を食べていた5歳の娘に「ニコニコ笑っているお父さんのほうがいい」と言われた。

広告

 

この10連休は「とにかく子どもと楽しく過ごそう!」と決めて、近場だけど天気の良い日は子どもたちと出かけるようにした。

子どもたちはたくさん遊べたようで、喜んでくれた。

ゴールデンウィークの最終日、一緒に夕食を食べていた娘が突然一言、

「ニコニコ笑っているお父さんのほうがいい」。

娘の一言にハッとした

ゴールデンウィーク中、仕事のことはあまり考えないようにしていた。

10連休は毎日子どもと一緒に遊んで、普段より笑っている自分がいたのだろう。

自分自身、子どもたちと楽しく過ごせて嬉しかった。

最近は、家でもいつも仕事のことばかり考えて、ムスッとしてしかめっ面をしていたのだろうね。

イライラモヤモヤしながら家事をして、子どもたちの相手はそっちのけになっていた気がする。

自分は子供の前であまり笑っていなかったのだろう。

心に余裕もなかった。

子どもたちと楽しく過ごせた令和元年10連休のゴールデンウィークは、最後に反省と自責の念を感じて終了。

笑顔でハグする父と娘の画像

子どもたちが家でのびのび楽しく過ごすには、お父さん・お母さんが笑っていなくちゃね。

広告