2016年1月10日デヴィッド・ボウイ死去。学生時代によく聴いていた想い出深いアーティスト

デヴィッド・ボウイが2016年1月10日、亡くなりました。


ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ [DVD]

洋楽にハマっていた学生時代にメチャクチャ聴いていたデヴィッド・ボウイ。

亡くなったというニュースをネットニュースで観たときはショックでした。

1947年1月8日、英ロンドン南部ブリクストン生まれ。本名デヴィッド・ロバート・ジョーンズ。1964年6月5日に“ディヴィー・ジョーンズ・アンド・ザ・キング・ビーズ”名義の「リザ・ジェーン」でシングル・デビュー。1967年6月1日、デビューアルバム『デヴィッド・ボウイ』を発表。1969年、前年の映画『2001年宇宙の旅』をモチーフにしたアルバム『スペイス・オディティ』をリリース全英5位、全米15位を記録。1970年、ミック・ロンソンをサウンド・パートナーに迎え『世界を売った男』発表。1972年『ジギー・スターダスト』をリリース。グラム・ロックの旗手として人気を拡大。ワールド・ツアーで山本寛斎の衣装を多く取り上げたのはこの頃。1975年『ヤング・アメリカンズ』ではジョン・レノンとの共作シングル「フェイム」で初の全米1位を獲得。

情報源: David Bowie / デヴィッド・ボウイ プロフィール | Warner Music Japan

デヴィッド・ボウイは大学生の時によく聞いていました。

高校生の頃から洋楽を聞くようになり、大学時代は洋楽の話を出来る友人にも恵まれて、洋楽ばかり聞いていました。

ロック中心でしたが“良いものは良い”というスタンスで割となんでも聞きました。その頃はUKと言えばオアシス・ブラー・レディオヘッド・マニックストリートプリーチャーズとか聞いてました。

そんな中、当時のテレビCMで使われていたLadyStardustに惹きつけられてデヴィッドボウイを聞くようになりました。

よく聞いたのは初期の頃の曲ですね。

ボウイのグラム・ロック時代の頃の曲ばかり聴いていました。

 

「ザ・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ 1974/1979」のCDは何回聴いたかわかりません。

Ziggy Stardust

Starman

Space Oddity

Oh!you pretty thing

velvet goldmine。

よく聞いたなぁ。

Let's danceとかもよく聞きました。

「ザ・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ 1974/1979」の収録曲の最後がLadyStardust。

アルバムを聞き終わったあとは、なんだかしんみりした気持ちになっていまいた。

学生時代の懐かしい思い出が蘇ります。

そうか、亡くなっちゃったんだ…。

懐かしさと寂しい気持ちで、複雑な心境です。

関連記事:映画EVAの感想。エヴァの可愛さとデヴィッド・ボウイと猛烈な切なさ。

ご冥福をお祈りします。David Bowieさん、またあなたの曲を聞きます。

スポンサーリンク