家族全員がインフルエンザA型に感染した件【2019年12月】

2019年12月、家族4人全員インフルエンザになりました。

インフルエンザのイメージ

備忘録的に記録を残しておきます。

12月上旬から息子・娘・僕・奥さんの順番で家族4人でインフルエンザ。

僕は人生の中で初めてインフルエンザに感染しました。

インフルエンザってツライのね・・・。

スポンサーリンク

家族全員でインフルエンザA型に感染。クラスが学級閉鎖になった小学生の息子から家族へ広がる

1日目
お兄ちゃんが学校で熱発・学校から連絡が来て早退。
夜のうちに38度台の熱発

2日目
奥さんが午前中にお兄ちゃんを小児科へ→インフルエンザA型
夜、娘も39度台の熱発。僕も38.0の熱。ダルさ強い。

3日目
娘も病院へ→インフルエンザA型。お兄ちゃんのクラスの子が何人もいたみたい。
僕は猛烈に具合悪く、起きてられない。ダルさと体の痛み強い。医者に行ったほうが良いのはわかっているが、具合悪すぎて動けずヒタスラ寝る。
夜に39.6度。
夜中に娘がオカシイことを言っていたと奥さんに大きな声で起こされたが、僕も具合悪すぎて「ちゃんとそばにいてあげれば大丈夫!」とだけ返した。

4日目
午前中のうちに僕はなんとか医者へ。インフルテストはA型陽性。インフルエンザに感染したのは人生初だ。熱は峠を越したみたいで、37.0近辺。熱は下がったけど、動くことが辛い。とにかく辛い。

医者でもらった薬を飲んで寝る。

娘は昼間はぐったり。夕方になり37度台の熱になって、顔がダイブスッキリした顔をしていた。
夜、奥さんが「喉が痛い・顔が熱い」と言い出した。こりゃ奥さんも感染しそうな感じ。
お兄ちゃんの熱はひいた。

僕はシンドくて寝ていた。熱がある最中は、7〜8時間くらい寝たような感覚があっても実際には2〜3時間くらいしか経っていないことが多い。マインクラフトのニセモノのような変なブロックの世界の夢をずっと見続けていた。

夜中、僕はなんだか気が立っていて、なかなか寝付けず布団の中でトロトロ。

5日目
僕は昼過ぎに起床。娘はダイブ元気が戻った感じ。お兄ちゃんは熱はひいたみたいだけど、まだ体がオカシイ感じが残っているみたいなのと、咳がよく出ている。
奥さんが熱が出てきたみたい。午後2時くらいに3人はご飯。
夕方、奥さんが吐く。お腹が痛いのと、気持ち悪いのでトイレで吐いた。そのままベッドに行かせた。いままでよく子どもたちの面倒を見てくれた。感謝。
俺は熱は下がっているが、ダルさと体の痛みがまだ結構強い。

6日目
奥さんは朝から医者へ。インフルテストはA型陽性。家族全員インフルエンザA型決定。
今日は奥さんは寝てもらっていた。
娘が元気よくなってきた。お兄ちゃんはまだちょっと。

7日目

お兄ちゃんのクラスの学級閉鎖は今日まで。学校へ行く準備をした。

8日目
お兄ちゃんは学級閉鎖が終わって学校へ。熱が下がってから登校できるまで小学校は中2日。昨日で解熱して3日経ったので、大丈夫だろう。娘は登園できるまで中3日。熱がすっかり下がった娘は元気良すぎてもうアクセル全開モード。元気良すぎて親が辛い。

9日目
娘は保育園へ。解熱後3日経過して、先生とも話をしてGoサインが出た。

10日目
子どもたちはもう大丈夫みたい。親が二人ともグッタリしている。奥さんのほうがまだ元気ある。奥さんと交代でなんとか家事をこなす。
僕も少しずつ家事や仕事の段取りを始める。

息子(小4)→娘(年長さん)→父親→母親の順番で家族4人全員インフルエンザA型

インフルエンザによる熱が下がっても体が辛い大人・ピンピンしている子どもたち

その後、結局奥さんも熱が出てから1週間お仕事はお休み。この記録を書いているのは14日目だけど、奥さんも僕もまだまだ体が辛い。二人とも体調の悪さを引きずったままクリスマスやお正月を迎えることになりそうな感じ。

抗インフルエンザの薬は、僕も奥さんも一回飲めば良いモノをもらって飲みました。子どもたちは何日も飲むタイプの薬(タミ○ル)。

僕は11月から風邪っぽい状態が続いている中でインフルエンザに感染。人生初のインフルエンザ感染となったのだけど、風邪っぽくて免疫力も落ちていたのかな。

あと、お兄ちゃんのクラスは一気にインフルエンザが広まって、あっという間に学級閉鎖になったので、感染力が強いインフルエンザだったのかなとも思います。

症状としては高熱。熱で体がダルくて辛い。

何年か前は、僕以外の家族3人がインフルエンザに感染して、「自分以外の家族がインフルエンザに感染。息子・娘・妻を看病した話。」なんて記事を書いたこと思い出したけど、その時はインフルエンザB型でした。

今回は家族全員インフルエンザA型に感染。インフルエンザになった人は熱が完全に下るまで隔離したほうが良いのだろうけど、子どもがインフルエンザに感染してしまうと、苦しんでいる子どもを一人だけ隔離しておくわけにもいかないなぁ。

小学校5年・6年や中学生くらいになれば一人で寝かせておいて、様子を見る感じで対応もできるようになるか。。。

6歳の娘は熱が下がったらピンピンして家の中を走り回っていました。その元気を分けてくれ。お父さんとお母さんはメチャクチャ体がダルイのですよ。

インフルエンザの予防接種は、子ども二人と奥さんは1回目を終わった段階でした。12月のうちに2回目の予防接種を受ける予定でしたが、インフルエンザが治ってから4週間後くらいの年明けに遅らせます。

それにしても、体のだるさがずっと続いて辛い。39度の熱なんて、何年ぶりだったのだろう?

いくら注意していても、インフルエンザに感染してしまうときはあっけなく感染してしまうもの。それでも自分も含めて家族の健康管理には気をつけていかないといけませんね。

スポンサーリンク