本田圭佑の言葉が胸に刺さった【W杯ベルギー戦後のインタビューより】

サッカーワールドカップロシア大会、日本代表は決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦。

2対3で惜敗し、ベスト16で敗退。

ベルギー戦はリアルタイムで観ました。

サッカー日本代表の試合でこんなにエキサイトしたのは久しぶり。

広告



サッカーのスタジアムの画像

西野監督に代わってからの試合、ワールドカップ期間も含めてMVPは誰かと問われると、個人的には乾を挙げます。

香川も甲乙付け難いほどの活躍でした。

大迫・原口・柴崎・長友・酒井宏樹・吉田もいいプレーしてました。

特に左サイドでの連携は世界に通用する素晴らしいプレーを見せてくれました。

ベンチでの本田圭佑の姿

本田圭佑はサブで途中出場ながらアシストも得点もありましが、ベンチでの本田圭佑の姿も印象的でした。

ベンチからピッチの選手たちに向けてアクションしたり、得点が入ればピッチに飛び出していく姿はこれまでの本田圭佑のイメージにないこと。

今まで日本代表を引っ張ってきた経験も存在感もある選手。サブに回った中、ベンチからもチームを支えようとしている姿は素晴らしかった。

グループステージ第2戦、乾からのクロスに合わせた同点ゴールも「ホンダ持ってるねー」と思いました。

本田圭佑は「僕自身は最後のワールドカップになる」と語っています。

そんな思いもあっての行動だったのでしょう。

そしてベルギー戦後のインタビューも印象に残りました。

広告



本田圭佑のベルギー戦後のインタビュー。本田圭佑の人生哲学

ベルギー戦後のインタビューで、本田圭佑が語った言葉胸にグサりと刺さりました。

本田圭佑のインタビューを一部抜粋。

「いろんなことを僕は、発言するタイプではあるんですけど、一番自分が示したかったのは行動。それは、今回のワールドカップで結果を出すことだと思っていたんで。全く期待されていなかったところから、いくつかの行動を起こしたことで、少しでも、日本のサッカーファンのみなさんに、諦めなければ少し物事を好転させることが、どんな状況でもあり得るんだというようなところは示せたんではないかと」

「これは自分の人生の哲学でもありますので、言ったことを、口に出したことを、とにかくやる。確かに結果が自分の思い描いた結果ではないんですけど、それでも何らかの成果は出る。その何らかの成果は示せたのではないかなと思っています」

情報源: 「諦めなければ、どんな状況でも好転あり得る」本田圭佑がワールドカップで示したこと

「一番自分が示したかったのは行動。」

「諦めなければ少し物事を好転させることが、どんな状況でもあり得るんだ」

日本代表が厳しい状況の中、日本中が手のひら返しする結果を出せたことは本田圭佑の言葉に集約されているのではないでしょうか。

そして、本田圭佑の人生哲学にもハッとさせられました。

「これは自分の人生哲学でもありますので、言ったことを、口に出したことを、とにかくやる。確かに結果が自分の思い描いた結果ではないんですけど、それでも何らかの成果は出る。」

ここ数年、「行動する」ことが大切だと意識してやってきたのだけれど、思うような結果は出せなかった自分。

勝手に腐ってました。

腐ってやることやってませんでした。

そんな自分にグサリと刺さるような言葉でした。

ワールドカップロシア大会、いちサッカーファンとして日本代表の試合に関わらず楽しんでいます。

このワールドカップでの日本代表の姿にはグッとくるものがあったし、本田圭佑の言葉も胸に刺さるものでした。

言ったこと、口に出したことを、とにかくやっていこう。

広告