【青春コンプレックス】カップルがチューしてる姿を見てイラつく

今日、ニコニコ会話をしながら手を繋いで歩いているカップルがチュっとしている姿を見て舌打ちをしました。

それは、灰色の青春を過ごした影響【青春コンプレックス】かもしれません。

広告

車を運転中、手を繋いで歩くカップルがチュっとしている姿を見てイラついて舌打ち

手をつなぐ男女の手

今日はお昼前から用事があって外出。

用事を済ませ、観光地の中の道を車を運転して帰宅中のこと。

若いカップルがニコニコと会話をしながら手を繋いで歩いておりました。

で、そのカップルが突然

チュ!

キス

その横をワタクシの車が通りすぎたのです。

「チッ!」

車の中でイラつきからの舌打ち

家に帰ってから嫁さんに話をすると、

「別にいいじゃーん…」で終わり。

確かに、自分の生活にまったく関係の無い二人が歩きながらチューしようがなんだろうがどうってことはない。

でもなんだかイラッとしてします。

ちょっと前にもそんなことがありました。

車を運転中に赤信号で止まった際、ふとバックミラー越しに後ろの車に乗っていたカップルがブチューっとしているのを見たときも、

「アァぁん!?」

イラつきました

全然知らない、全く関わりの無い人ですよ。

ほんとにチューしてようが自分には全く関わりは無いのですが、とにかくイラつく…。

「そんなところでイチャついてんじゃねぇぞぉ」

って思ってしまうのであります。

広告

「青春コンプレックス」ってやつ

コンプレックスの文字

なんでそんなにイラつくのか。

それは、自分自身が気の合う少数の男友達とばっかり遊んでいて中学・高校・大学と女性とは無縁の、

灰色の青春

を過ごしてきたからに他ならないのです。

そして、それが

青春コンプレックス

となっているからに違いないのです。

青春コンプレックスとは?

灰色の青春を悔やんだり、今、青春を謳歌している人を見て過剰に反応してしまい、嫉妬したり後悔を募らせることを「青春コンプレックス」というそうです。好きな異性とデートしたり、部活に打ち込んで燃え尽きたり、あれもこれもやっとけばよかったと自己嫌悪の念に陥る人は、少なくありません。

 

引用元: 自分には、楽しい青春は無かった…楽しそうな学生カップルに、激しく嫉妬と後悔「青春コンプレックス診断」 | MIRRORZ(ミラーズ) 無料の心理テスト・診断・占い

持てない男のヒガミといわれれば、たしかにそうだ。

学生時代はイチャイチャしてるカップルを見て羨ましいだとかいいなーなんて思っていたもの。

ちなみに女性と縁のない灰色の青春は、25才になって今の嫁さんと付き合うまで続きましたよ。

結婚して子供がいて40才目前になっても、灰色の青春を悔やんで、イチャイチャして青春を謳歌している人を嫉妬して後悔して、多分心の何処かで

「うらやましい~!!!」

と思っている自分がいるんだねぇ。

心の中に、若い頃の灰色の青春をすごしていた自分がまだくすぶっているのか…。

ひがみ根性が根強くのこっているのか…。

若いカップルがチューしているのを見てイラつくのなら、自分も嫁さんとすればいいんだよ。

いや、思い返せば若い頃、車の中でチューしたことくらいあるかもしれない…。

手を繋いで歩きながらチュッてしたこと…

 

 

無かった…。

人前でイチャつくなんてできなかった…。

今度やってみようかな。

 

まとめ

ともかく、すっかりいい大人になっても青春を謳歌している若い人たちを見て羨ましいと感じたり、自分の青春を振り返って後悔する人は「青春コンプレックス」を持ってるということになります。

ここまで読んでくださった方の中にも「青春コンプレックス」を持っている人はいるかもしれません。

でも、振り返って後悔しても、青春時代は戻ってこないんです。

もしかしたら、「青春」というものがキラキラと輝くものでなくてはイケナイという妄想みたいな思い込みがあるのかもしれません。

過去は過去。

今、そしてこれからを充実した楽しいものにするため、前を向いていきましょう!

って自分にも言い聞かせてみます。

書いてる途中でふと思い出した曲は、以前テレビで見た関取花さんの「べつに」でした。

広告