月の周りに光の輪。月暈(つきがさ・げつうん)は幸せの前兆

夜、外に出たら月のまわり光の輪が見える。

そんなお月さま、見たことありますか?

月の周りに光の輪が見える現象には、名称と言い伝えがあるんです。

広告


月の周りに光の輪。月暈(つきがさ・げつうん)と呼ばれる現象

2017年の中秋の名月は10月4日。

とても明るくてきれいな満月が出ていました。

その次の日の10月5日、満月の次の日は、

十六夜(いざよい)

そんな十六夜の月、霞がかった雲がかかる月のまわりに、うっすらと光の輪が見えました。

月の周りに光の輪(月暈)

よーく見ると、うっすらと光の輪がある

幻想的でキレイ…。

月のまわりに光の輪が見えるなんて、初めてのことです。

スマホで撮影したけれど、写真ではほんとにうっすらしか光の輪が見えない…。

実際はもっとはっきり見えました。

この月のまわりに光の輪が見える現象は、

月暈(つきがさ・げつうん)

と呼ばれるもの。

初めてみたこの幻想的な光景、嫁さんも呼んで二人で見ました。

広告


月暈の言い伝え「幸せの前兆」

月暈には言い伝えがあって、

「雨が降る」

「天気が下り坂」

ということと、

幸せの前兆、幸運が訪れる

というもの。

正直、そんな言い伝えがあることを知ってテンションが上りました。

今まで自分の人生の中で、今回始めて月暈を見ました。

自分に幸運が、訪れるかもしれない…。

うっすらだったので、小さな幸せかもしれない。

この記事を書いている次の日の午後、言い伝えの通りに天気はホントに雨になりました。

暈(かさ)は太陽や月のまわりに光の輪が現れる現象

この暈(かさ)は月だけでなく、太陽にもできるようです。

暈(かさ、halo、ハロー、ハロ、ヘイロー)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう。

引用元: 暈 – Wikipedia

太陽のまわりに光の輪ができれば「日暈(ひがさ、にちうん)

のまわりに光の輪ができれば「月暈(つきがさ、げつうん)

太陽に比べて月は光量が少ないので、月のまわりに光の輪ができることは珍しいようです。

月の場合は、満月やその前後に月暈が現れることがあるとのこと。

珍しい現象を見ることができたので、言い伝えの通り幸せが訪れますように。

広告