簡単にふかふかの千切りキャベツ!『ののじキャベツピーラーライト』レビュー

キャベツの千切り、包丁でやるとうまくいかない…。

キャベツピーラーがあると、とんかつ屋さんみたいなのふかふかのキャベツの千切りができます。

普段、包丁を持たないパパでも簡単にできます。

今回は我が家で使っている「ののじ キャベツピーラーライト」をご紹介します。

広告

「ののじ キャベツピーラーライト」でふかふか千切りキャベツ

我が家では「ののじ キャベツピーラーライト」をキャベツの千切りに使っています

 

刃の部分はこんな感じでギザギザしています。
ののじキャベツピーラーライトの刃の部分

使い方は、キャベツの断面をピーラーでこする。

ひたすらピーラーで削ります。

こんな感じで。
ののじキャベツピーラーライトでキャベツを削る

簡単です。

かなり細くてやわらかいです。ふかふかです。

トンカツ屋さんのキャベツみたい。

中央のリングに指を入れると削りやすいですよ。

普段、包丁を持たないパパさんやお料理があまり得意ではないパパさんももすぐ出来ます。

簡単、手軽にキャベツの千切りができます

価格はメーカー希望小売価格で900円 (税込 972 円)

参考:ののじ公式

難点はとにかくキャベツが飛び散ること

このキャベツピーラーの難点は、千切りキャベツが飛び散ってしまうこと。

慌ててガシガシとキャベツを削ると下の写真のように飛び散ります。
キャベツピーラーだと飛び散る

ちょっとキャベツの千切りを作るならあまり問題にならないことなんですが、大量に作ろうとすると、飛び散る量も多くなります。大きなボールの中でやるのがオススメ

ずっと半玉のキャベツを持ち続けるのも大変な方もいると思います。

キャベツ1個といったまとまった量を千切りするなら、千切りスライサーの方が向いています。

広告

小さい子も喜んでキャベツを食べます

小さいうちは野菜があまり好きではない子も多いかと思います。

うちの娘もそうです。

でも、2歳の頃からキャベツピーラーの千切りキャベツは大好きで、おかわりをして食べます。

でも、包丁で切ると食べません。太さも均一ではなくて、硬さも結構気になるみたい。作る方も、頑張ってもなかなか細く切れなかったり…。

キャベツピーラーだとキャベツの千切りが細くて柔らかいので、小さなお子さんでも食べやすいですし、喜んで食べてくれます

おまけ:とんかつ屋さんは多分こういうマシンを使っている

大量にキャベツの千切りを作るとんかつ屋さんなどは、業務用のキャベツ千切りマシンを使っていると思います。

こちらは手動のキャベツ千切りマシン。

こちらは電動のキャベツ千切りマシン。

こういうのでドバーっと大量に千切りキャベツを作っているはず。

終わりに

キャベツピーラーで千切りキャベツを作ると、小さい子でもキャベツの千切りを喜んで食べてくれます

大量に千切りキャベツを作ることには向いていませんが、さっと千切りキャベツを作れるので便利です。

以上、《簡単にふかふかの千切りキャベツ!『ののじキャベツピーラーライト』レビュー》でした!

広告