手裏剣戦隊ニンニンジャー、最終回の感想。家族がテーマの一つだったのかな。

昨日、手裏剣戦隊ニンニンジャーが最終回を迎えました。

先日から楽しみにしていた最終回。

朝、家族の誰よりも早く起きて気合十分!

息子を七時半前に起こし、テレビの前にスタンバイ!

スポンサーリンク


ニンニンジャー最終回の感想。

久右衛門との対決。変身できなくなった6人が自らの忍タリティーで再び変身。

その時の6人の顔。みんな良い顔してるわ。

1年前、第1話を観た時は、みんなこんな良い顔すると思わなんだ…。6人のその顔を観ただけでウルウルする。

そして、久右衛門を破ったあと、ラストニンジャであるおじいちゃんが残した封印の手裏剣。緑色の手裏剣になる。
久右衛門への天晴とキンちゃんの言葉にも感動。憧れと家族のこと。
ああ、そうだったんだぁ、久右衛門…。

子供の前で、お父さん(自分のこと)はもう、泣いてます。

そして牙鬼幻月登場。久右衛門を吸収する場面で観ているこっちも怒り絶頂!
幻月は思ったより早く撃破。

久右衛門が消える直前、お師匠であるラストニンジャと手をとろうとする…。
笑顔のラストニンジャ。幻月登場で怒りで止まった涙がまたブワーッと出てきた…。

そして、6人それぞれの道へ…。

最後のニンニンダンスは、子供たちは元気に踊っていましたが、自分自身はもう、グズグズ泣いてしまってて、踊るどころじゃありませんでした(笑)

完全に感情移入した理由を考えた

friends-1013691_1920

1年間、6人の成長を見続けてきた分、感情移入する部分はありました。

でもなんでこんなに感情移入しちゃうんだろうと思っていたのですが、奥さんの一言で気付かされました。

「家族の話しだもんね」

ああ、そうか。

ラストニンジャのおじいちゃんがお師匠さん。6人も兄弟やいとこ。お父さんが久右衛門に力を奪われたり、最後にその力を取り戻したり。ただの仲間でなく、家族が仲間。
スターニンジャのキンちゃんも、家族のかたきを討つために妖怪ハンターになり、ラストニンジャに弟子入りを願ったり。
おじいちゃんやお父さん、そして6人が、家族を想い合う部分に共感したのです。

家族の絆、それがテーマの一つだったんだろうと思います。

6人それぞれが成長していく姿がとても楽しみでした。

キンちゃんが自分の弱い部分を受け入れ、パワーアップした回は、とても感動しました。
お話の中だけでなく、ニンニンジャーを演じた6人が最後に変身した時の顔。本当に良い顔でした。俳優さん自身、とても多くを学んだのではないかと思います。

仮面ライダードライブの最後も泣いたけど、ニンニンジャーの最後はボロボロ泣けたなぁ。

スーパーヒーロータイムは良い言葉も沢山あるし、観ていて楽しいし、最後は感動します。スーパーヒーロー達に学ぶ、大人にも大切なことにも色々書きました。

本当に良い番組だったと思います。子供たちはもちろん楽しめたと思うし、感動した親御さんも沢山いらっしゃるんじゃないかな、と思います。自分自身、こんなに感動させられるとは思ってもいませんでした。

ニンニンダンスも、子供たちと一緒にそれだけ踊ったかわかりません。キレッキレに踊れる前に、最終回になってしまいました。

ニンニンジャーを演じた俳優さん達を、またテレビで見れることを楽しみにしています。

また、新しい戦隊シリーズが始まります。また子供たちと楽しみながら観たいと思います。

参考:テレビ朝日「手裏剣戦隊ニンニンジャー」公式ホームページ 手裏剣戦隊ニンニンジャー|テレビ朝日

スポンサーリンク