映画『となりのトトロ』の感想。観ると泣くようになった。

totoro-980324_1920

子供も親も大好き「となりのトトロ」

「となりのトトロ」は我が家でよく観ます。息子が小さい頃から始まり、今は2歳の娘がトトロ大好き。

「トトロ」とうまく言えなくて、「トットロー、トットロー」と言ってはDVDを持ち出してきます。なんとも言えないあの可愛らしさ。サツキちゃんやメイちゃんもかわいいですね。

子供達だけでなく、親の世代も小さい頃から親しんできた映画です。公開されたのは1988年。私が10歳の時です。子供の頃から何回も観ました。私にとってジブリと言えば、ナウシカ・ラピュタ・トトロ・魔女の宅急便。子供の頃から何回も観て、思い出深い映画です。

ここ数年では子供とトトロを観ることが多くて、大人になってからこんなにトトロを観るとは思いもしませんでした。

スポンサーリンク


子供の頃と違う目線で観てる

子供の頃はただトトロの世界を楽しんでました。

「トトロ好きー!」「猫バス乗りたい!」

トトロのキャラクターとそのちょっと不思議な世界に魅了されました。

歌も良いです。今では子供達の定番ソング。はじめの「さんぽ」とエンディングの「となりのトトロ」。娘と一緒に歌ったりします。

親の目線

今はちょっと違う目線で観ています。親になって、親の目線で観てる部分があります。

特にメイちゃんは、娘を照らし合わせてしまいます。元気イッパイ!可愛いです。

サツキちゃんとメイちゃんのお母さんを思う気持ちとか、いじらしくてたまんなかったりします。

natural-727442_1280

今はトトロ観ると泣く

 

サツキちゃんがおばちゃんの前で泣いてしまうシーンがあります。
「お母さん死んじゃったらどうしよう」と言って泣き出すシーン。

あそこ、たまんないんです。

昔は、サツキちゃんも明るくて元気だけど寂しい思いをしてるんだな、と思ってるだけだったんです。

今は親目線でサツキちゃんを観てるのと、3年前に母親が亡くなった時の自分自身の感情が出てくるようになりました。

親の目線と子供としての目線。

両方の感情がブワって出てきて、子供の前でもグスグスしてしまいます。

38歳の父親でも、子供としての部分は健在なのだと思いました。

迷子になったメイちゃんを必死で探すサツキちゃん。そしてトトロと猫バス。

草壁さんちとトトロ、大好きです。

後世にずっと残っていく作品の一つですが、大人の自分にとっても思い入れのある映画です。

スポンサーリンク